近日中にも発表され、公式リリースとなるといわれるアップルのモバイルOS『iOS 10』
アプリの制作者、企業などのテストを経て現在は我々コンシューマーもApple Beta Software Programでその最新OSを体験することができる。
詳しくは(http://www.apple.com/jp/ios/ios10-preview/)でご確認ください。

早速、モバチャネはApple Beta Software ProgramでiOS 10を体験しています。
総合的に9系よりは良くなっている、と思いました。
では、iOS 10では何が変わるのでしょうか・・・。モバチャネ的にメモっていきます。

ロック画面の解除が変わる
画面下部に『ホームボタンを押して開く』と表示されています。
ホームボタンを押した時に指紋認証を処理しているような感じでしょうか。
画面を左向きにスワイプするとカメラが起動します。

ホーム画面の左端(検索)ページが変わる
これまでのように検索すると様々な検索結果が表示される点は変わりませんが、ホーム画面の左端(検索)を出すとこれまで通知センターに表示されていたウィジェット(通知センターの最初のページ)が表示されるようになりました。
おまけのようなウィジェットページがホーム画面にも現れることで存在感を増してきました。

ミュージック、写真のアプリの表示が変わる
iPhone5sではいずれも二列表示となっています。
写真のアプリではスタートページがアルバムとなっており、カメラロール・お気に入り・ピープル・撮影地・ビデオ・セルフィーなどのフォルダが表示されます。
ミュージックのアプリではスタートページがライブラリとなっており、最近追加した項目のアートワークが表示されます。
小カテゴリとしてアーティスト、アルバムなどの項目があり、項目は編集(選択)可能。
これまでより良い意味でシンプルになったように感じました。

メッセージアプリの大幅進化でLINE超え?
このiOS 10の大きな目玉とも云えるのがメッセージアプリの大幅進化なんじゃないかと思います。
手書きメッセージやら色々と進化するようで、LINEのスタンプのような、ステッカー機能も。
なんかねえものすごく惨めな気持ちになりました。
メッセージアプリの大幅進化は確かなんだけれども、メールの背景の装飾とかってガラケー時代にドコモが必死にやってたデコメアニメそのものなんです。
ガラケーがいかに進化していたかが判るし、それを広められなかったドコモの無能さ。

ドコモはいい加減にしろ!
そういえばドコモさんはメッセージの世界的な標準仕様MMSには対応したのでしょうか?
ソフトバンクは元が外資だったので早々とMMSに対応していました。
auはiPhone導入後、しばらくして意地で対応させました。
で、ドコモはどうでしょう・・・・!
相変わらずドコモメールにこだわり続けていますよね。
ドコモメールといっても普通のメールアカウント同様メールアプリで送受信するだけ。
ちなみに、iPhoneのメッセージアプリで利用するアドレスはMMSのソフトバンク、auはキャリアのメールアドレスなのに対しドコモは電話番号となっており送信料がかかっている。
電話番号メールは扱いとしては通話になるのですがカケホーダイの対象外
意図しない相手に電話番号が知られる、迷惑電話の温床になっているなど様々な問題があり早急に対策すべきなのにドコモは無視。
国もキャッシュバックだの販売方法云々ぬかす前にメッセージの世界的な標準仕様MMSに対応すしないドコモを指導したら?
ドコモはいい加減にしろ!


iPhone、iPadなどで使えるAC充電器(コンセント)
アップル社認証製品
付属のコネクタカバーが保護しますから安心して持ち歩けます